2016/03/12更新

松居研究室の卒業研究生(96名)の研究テーマと氏名、進路

                     
年度 卒業研究テーマ 学生氏名 進路先・特徴
2016
概要
荒木 宏明 2017年3月卒業予定
佐藤 愛美薫 2017年3月卒業予定
鶴重 翔平 2017年3月卒業予定
西田 智紀 2017年3月卒業予定
檜森真由美 2017年3月卒業予定
桝井 映里 2017年3月卒業予定
卒業アルバムへの一言:
2015
概要
脳神経の発火機構のモデル化 石馬場 翔典 2016年3月卒業 就職
非対称実数結合を持つZ(2)ゲージニューラルネットワークによる長期記憶の研究 若部 佑亮 2016年3月卒業 教員
ニューラルネットワークの非対称q-p結合モデル 萩原 拓也 2016年3月卒業 公務員
疎結合ネットワーク上の右脳左脳モデル 辛島 侑樹 2016年3月卒業 就職
Z(2)ゲージニューラルネットワークにおけるシナプス2重連結項の影響 十田 宗匡 2016年3月卒業 就職
4次元CP^1+U(1)格子ゲージモデルによる量子場脳理論 坂根 真矢 2016年3月卒業 進学(近畿大学大学院)
卒業アルバムへの一言: 今年は様々な個性の6人,就職活動に時間を取られた人が多かったようですが,ほぼ満足の行く進路先が決まって何よりです。指導方針は「自主的にやる気が芽生えるまで静かに見守る」でしたが,なんとか各自研究対象の脳の具体的モデルが決まりましたね。これからは時間一杯,プログラミング,データ解析・解釈と突き進んで潜在能力を爆発させてください(今を逃したら一生不発かも)。すでに爆発している人もたたみかけてください。
2014
概要
疎結合ネットワーク上でのZ(2) ゲージニューラルネット:整数非対称シナプス結合モデル 村井 厚友 2015年3月卒業 進学
疎結合ネットワーク上でのZ(2) ゲージニューラルネット:実数対称シナプス結合 谷 祐輝 2015年3月卒業 教員
疎結合ネットワーク上でのZ(2) ゲージニューラルネット:実数非対称シナプス結合モデル 浦本 翔 2015年3月卒業 就職
疎結合スモールワールドネットワーク上でのZ(2) ゲージニューラルネット: 整数非対称シナプス結合モデル 田中 健勝 2015年3月卒業 教員
卒業アルバムへの一言: 今年は4名,仲良く協力していましたね。最初はプログラムの初歩も危うい感じでしたが,卒業研究という圧力が効いたのか,なんとか本質まで到達したようでなによりです。わたしが言うのも何ですが,みなさんはまだまだ成長途中です(苦笑)。プログラム制作で培った論理的な思考力と研究室で味わった柔軟でゆったりとした雰囲気がきっとみなさんの人間形成に役立つことでしょう。p.s. 柳井さん,出演感謝。
2013
概要
Z(2)ゲージニューラルネットワークにおける長期学習想起過程の研究 坂本 真梨奈 2014年3月卒業 就職
一般化したスモールワールドZ(2)ゲージニューラルネットの相転移次数について 西口 拓矢 2014年3月卒業 進学
スモールワールド性を持つ右脳左脳のZ(2)ゲージモデル 青木 豊成 2014年3月卒業 就職
スモールワールドZ(2)ゲージニューラルネットにおける非対称シナプス結合の効果 原 達也 2014年3月卒業 就職
非対称結合定数をもつ4次元U(1)ゲージ・ヒッグスモデルの相構造 小池 章高 2014年3月卒業 進学
卒業アルバムへの一言: 今年はTeam Brain 2013が4人,強相関電子系が1人,約1名を除いておとなしめです。 脳チームの研究課題は各自が自分の判断で自主的に選んだので,モティベーションも 十分です。残りの時間を目一杯使って成果をあげてください。参考文献の理解, モデルの決定,プログラム作成,シミュレーション,データ処理,論文作成,と 一通りのプロセスを体験して,自信を持って次のステージで歌って踊ってはじけてください。
2012
概要
SU(2)+CP1格子ゲージ理論による量子時空の研究 羽野 友貴 2013年3月卒業
SU(2)格子ゲージ理論による量子重力宇宙のシミュレーション 森継 有希 2013年3月卒業
非対称実数シナプス結合を持つZ(2)ゲージニューラルネットワーク 佐藤 涼梨 2013年3月卒業
スモールワールドZ(2)ゲージニューラルネットワーク 束野 文香 2013年3月卒業
マルチカノニカル法によるヒステリシス対策 木村 政孝 2013年3月卒業
卒業アルバムへの一言: 今年は5名(女子3名、男子2名)、脳と宇宙の2グループ(どちらも男女混成)です。研究は大学院のお兄さんのヘルプもあって、いい感じで進んできましたね。3年後期以来、能力的にも人間的にもおおいに成長しましたね(?)。よくスポーツ選手が試合前に「試合を楽しみたいと思います」といったコメントを残していますが、人生も一緒。目標は「人生を楽しむ」。そのためにはしかし色々と準備が必要です。どんな準備かというと・・・ そこは自分で考えてください(笑)。助言をひとつ:「予想外の結果になったら、残念・失敗と思わず、新しい一歩の幕開けと思う」。ノーベル賞の山中教授も研究に関して同じようなことを言っていましたよ。
2011
概要
Z(2)ゲージニューラルネットワークとシナプス結合強度分布 I 安藤 慎也 2012年3月卒業 就職
Z(2)ゲージニューラルネットワークとシナプス結合強度分布 II 平井 克典 2012年3月卒業 教職
Z(2)ゲージニューラルネットワークとシナプス結合強度分布 III 東田 耕平 2012年3月卒業 就職
SU(2)格子ゲージ理論による量子重力宇宙のシミュレーション I 神吉 優磨 2012年3月卒業 就職
SU(2)格子ゲージ理論による量子重力宇宙のシミュレーション II 新谷 太志 2012年3月卒業 就職
卒業アルバムへの一言:  今年は5人。ノーマル、堅実、年長、KY、***大好き(この項は当人達に掲載許可確認済)とvarietyに飛んでいましたが、N先輩達の強力なアシストのもと、立派なチームワークが組めましたね。社会に出ても1+1 > 2 の不等式を駆使して活躍してください。送る言葉:あいつならしょうがないと思わせる。
2010
概要
強相関電子系の相構造のゲージ理論的研究I 中谷 和哉 2011年3月卒業 進学
強相関電子系の相構造のゲージ理論的研究II 山本 貴大 2011年3月卒業 進学(近畿大学大学院)
数値シミュレーションにおけるヒストグラム法 高田 基 2011年3月卒業 就職
マルチカノニカル法を用いた臨界現象の研究 松田 淳志 2011年3月卒業 就職
CP1+U(1)格子ゲージニューラルネットの時間発展 岡田 祐也 2011年3月卒業 就職
卒業アルバムへの一言:  今年は5人、全員チャレンジングな卒業研究でしたが、大学院のお兄さん達の懇切丁寧なヘルプもあって、なんとか食いついていけば、それなりに道が開け、結果につながることを体験してもらえたと思います。進学・就職しても、この経験を忘れずに、自立し頼られる人になってください。
2009
概要
3+1次元CP^1+U(1)量子ニューラルネットワーク (T) 犬丸 和也 2010年3月卒業 就職
3+1次元CP^1+U(1)量子ニューラルネットワーク (U) 藤田 竜平 2010年3月卒業 進学(近畿大学大学院)
3+1次元CP^1+U(1)量子ニューラルネットワーク (V) 新谷 透 2010年3月卒業 就職
格子ゲージ理論による量子重力の研究 (T) 堀内 重幸 2010年3月卒業 教職
格子ゲージ理論による量子重力の研究 (U) 石井 慎一 2010年3月卒業 教職
卒業アルバムへの一言:  今年は脳チーム3+1人、量子重力チーム2人、 良くまとまっていましたね。 大学院のお兄さん2人が相談役で実力も↑。 あとは小さくまとまらず、さらなる目標に向かってGo! 穴も深く掘るほど広がるし… お言葉「たまにはお月様を眺めなさい」(original)を贈りましょう。
2008
概要
ゲージ理論による時空(仮想宇宙)の創造U 堀 勇気 2009年3月卒業 就職
ゲージ理論による時空(仮想宇宙)の創造T 小河 麦人 2009年3月卒業 就職
全結合及び疎結合Z(2)ゲージニューラルネットワーク 高藤 裕介 2009年3月卒業 進学(近畿大学大学院)
CP^1+U(1)ゲージニューラルネットによる脳波のシミュレーション 内村 啓子 2009年3月卒業 就職
CP^1+U(1)格子ゲージ理論における臨界現象の研究 和田 龍弥 2009年3月卒業 就職
卒業アルバムへの一言:  今年は5人。大人1,大人2までは余裕でしたが, "子供","自信過剰","天然"とつづいて こちらの対応もギアチェンジが忙しくなりました, というか適応させられました(苦笑)。 5人とも性格・能力多角形の一つの角ならトップです。 今後は面積拡大orデルタ関数をめざしてください。
2007
概要
U(1)ゲージ量子ニューラルネットワークのカレント 村上 華子 2008年3月卒業 就職 ((株)タカハシテクノ 内定日 2007/12/11) 
卒業アルバムへの一言: 今年は学生Aの理解力と技術力のおかげで効率よく研究が進みました。楽しい結果が発表できるといいですね。 学生A:「先生の頭の中はどうなっているのですか?」 先生B:「フフッ 脳の研究やりましょう!」 自転車の話とか人生の話とか結構雑談も多かったですが、これもみな脳の研究の一部ですよ(笑)
2006
概要
有限温度における未成熟ホップフィールドモデルの相構造 日吉 裕太 2007年3月卒業 就職( 株式会社キンレイ 内定日2006/05/11)
U(1)量子ニューラルネットワークにおけるカレント 高田 圭子 2007年3月卒業 就職 ( 富士ゼロックス株式会社 内定日2006/04/27)
3次元ランダムZ(2)ヒッグス格子ゲージ理論:平均場理論 土井 俊亮 2007年3月卒業 進学 近畿大学大学院
3次元ランダムZ(2)ヒッグス格子ゲージ理論:モンテカルロシミュレーション 濱野 亮輔 2007年3月卒業 就職( 株式会社サニー技研 内定日2006/05/17)
3次元ランダムZ(2)ヒッグス格子ゲージ理論:高温展開 柿迫 哲平 2007年3月卒業 進学 近畿大学大学院
卒業アルバムへの一言:  今年の5名はかなりバラバラの個性でしたね。 家で自分で勉強するタイプが多かったせいか,私が強力な指導力(笑) を発揮する前になんとか卒業研究がまとまってしまいました(苦笑)。 就職,進学後は自分の能力の限界値をもう一段階上げるような環境に 進んで飛び込んで欲しいものです。
2005
概要
量子場脳理論 澤村 賢治 2006年3月卒業 進学(名古屋工業大学大学院 2005/07/16)
量子場脳理論 西尾 裕一 2006年3月卒業 進学(大阪大学大学院 2005/09/03)
CP1+U(1)格子ゲージ理論 尾崎 勝浩 2006年3月卒業 就職 (ゼビオ株式会社 内定日2005/05/06)
卒業アルバムへの一言: 今年はおとなしめの3人です。 卒業研究,進学・就職ともに問題な くクリアしましたが,君達の潜在能力はまだまだこんなものじゃない。 社会に出て正義のために悪と戦い,りっぱに地球と人間の尊厳を 守るため,ぜひこれだという必殺技を開発してください。リストラの嵐 から君達を守るためにも…
2004
概要
4次元CP1U(1) 量子場脳理論:相構造と学習・想起 川崎 博之 2005年3月卒業 就職(アマノ 内定日 07/20)
4次元U(1) ゲージニューラルネットワーク:相構造と学習・想起 山田 勉 2005年3月卒業 進学(大阪大学大学院理学研究科)
卒業アルバムへの一言: 今年は少数精鋭でしたが,大学院のお兄さん達に影響されたのか, 登校回数,勉強時間が過去最高に近かったですね.かなりのスキル アップです.細部に集中しすぎて大局・本質を見失わないように! 「木を見て森を見ず」 relaxに心がけて就職,進学先で松居研の実 力(笑)を見せまくってください.
2003
概要
量子U(1)ニューラルネットワークの相構造 阪本雅樹 2004年3月卒業 進学(北陸先端科学技術大学院大学)
Z(2)ゲージニューラルネットワークの相構造 中野 勇気 2004年3月卒業 進学(近畿大学大学院) 2006年4月就職 株式会社サニー技研
Z(2)ゲージニューラルネットワークの相構造 高橋 優之 2004年3月卒業 就職( 日立物流ソフトウェア 内定日 06/26)
量子U(1)ニューラルネットワークの相構造 岡 公久 2004年3月卒業 進学(北陸先端科学技術大学院大学)
卒業アルバムへの一言: 今年は4人全員私の指導に熱心に耳を傾け,真面目に研究に取り組んでくれたイイ奴等です(誉めすぎ?) 以下アドヴァイス:(1)先生 (上司)の助言,指導はまず疑ってみよう!(笑) (2)小さくまとまらず,自分の可能性を過大評価しよう!(3)とりあえず自分のアイデア,意見をアピールしてみよう!
2002
概要
量子論におけるミクロ系とマクロ系の関係 松川 祐也 2003年3月卒業 (就職 アルプス技研 内定日 08/02)→日本システムウエア(株)
ニューラルネットワークの量子論 藤田 由香里 2003年3月卒業 (就職 株)NTTデータMSE  内定日 04/26)
ニューラルネットワークのゲージ模型における記憶と学習 加藤 大造 2003年3月卒業 (就職 シャープビジネスコンピュータソフトウェア 内定日 06/09)
卒業アルバムへの一言: 今年は3人,別々の研究課題でしたが,知恵のある勤勉な諸君なので立派な研究が3つ(論文3本)もできちゃいましたあ! m(_ _)m BBQ・阪神戦応援・hiking等,recreation も充実.欲を言えばギャグへの反応がもう一つです(笑) 自分を大切によき社会人となって幸せな結婚・challenging な人生を!
2001
概要
Monte Carlo simulation の Java による可視化T   辻 義之 専門学校
Monte Carlo simulation の Java による可視化II   西久保 太志 就職 (東芝エレベータ 内定日 6月)
Monte Carlo simulation の Java による可視化 III 竹内 哲 就職 (エイジシステム 内定日 07/13)
卒業アルバムへの一言: 今年の4年生諸君は私の長女と同学年.もっと勉強しな さいと言いたいとこだけど,長女もまったく勉強しない のでさすがに言えません(笑).「クール」で頼れる院生 ケムケム君の後方支援が頼みの綱です.価値観も多様化 する中,なにか一つ光る個性と得意分野を持って21世紀 を生き抜け!
2000
概要
脳と意識の量子論I(ぺンローズの量子脳理論) 清水 永一 就職 (アグレックス 内定日 05/26)
脳と意識の量子論II(古典セル・オートマトン) 酒井 福太郎 就職 (アルファシステムズ 内定日 05/11)
脳と意識の量子論III(量子モデルの導入) 車 佳武 就職 (情報技術開発(TDI) 内定日 06/02)
脳と意識の量子論IV(量子モデルの解析と考察) 伊東 久 進学(奈良先端科学技術大学院大学)
卒業アルバムへの一言: 最初は頼りなく見えたけど,どうしてどうして 就職,進学はサックリ決めてくれるし,卒業研究も結構盛り上がり,安心,感心しています. (こちらの評価基準レベルが下がっていたのかな?) 人間的にも好感が持てる諸君ですね. 自信を持って良い.21世紀にむけて輝く日本の星々になってください.
1999
概要
ホップフィールドモデルにおける外部刺激の効果 龍見 さなえ 進学(近畿大学大学院 総合理工学研究科)
脳神経ネットワーク模型における学習の効果 煙山 元洋 進学(近畿大学大学院 総合理工学研究科)
高温超伝導におけるホール間ポテンシャル 川上 義人 専門学校
卒業アルバムへの一言: 今年は就職,進学が厳しいようで,進路決定 には苦心したようですね.しかし, 人一倍 自分の将来を考える機会が出来たとも言えま す.もともとまじめで勤勉な諸君なのでこの 一年の経験がいつかきっと役立つでしょう. 「信じて勤めよ」という言葉を送りましょう. (偉そうなこと言ってごめんね...)
1998
概要
ヘリウムのBEG模型と高温超伝導I 日比 基成
ヘリウムのBEG模型と高温超伝導II 吉永 治
卒業アルバムへの一言: うーん,今年は2名と少数民族なので統計集団として扱えず(大衆の常識という概念がなく)ちょっと苦労.両名ともおとなしく冷静だが,社会に出ていずれはこの点が周囲から(しし座流星群のように)輝く個性として受け取られるようになればと期待する.環境ホルモンに負けず21世紀に飛び込め.
1997
概要
ニューラルネットワークと遺伝アルゴリズム 上杉 佳子 進学(奈良先端科学技術大学院大学)
金属内電子の電気伝導度 清水 一志 就職
BCS 模型の虚時間 Ginzburg-Landau 理論 今西 裕美 就職
高温超伝導物質のスピンギャップ相 湯浅木綿子 就職
プラケット上の t-J 模型の平均場理論 平尾 成良 就職
t-J 模型の有効格子模型とその相構造 茶ノ前 仁 進学
卒業アルバムへの一言: 男子3 名女子3 名、いずれも他の先生がうらやむ程の成績優秀、性格良好な諸君である。特に女子7 名中3 名から自主的にご指名をいただいた点に価値がある。4割2分9厘である。 「今までどおりマイペースでやりなさい、立派なパートナーを見つけなさい」という言葉を送りたい。
1996 量子力学的散乱問題におけるカオス 福本 聰 進学
量子コンピュータ 三浦 順司 就職
量子コンピュータ 大谷 祐司 就職
高温超伝導の対称性 田崎 将一 進学
量子ホール効果 丸山 尚樹 就職
1995 量子力学的散乱問題におけるカオス 太田 貴士 進学
格子模型による高温超伝導の研究A(背景) 中野 雄司 就職
格子模型による高温超伝導の研究B(模型) 高瀬 淳 就職
格子模型による高温超伝導の研究C(数値解析) 折橋 隆志 進学
1994 量子力学的散乱問題におけるカオス 林 康裕 教職
非線形力学系の振幅方程式 進野 智幸 就職
2次相転移の Ginzburg-Landau 模型 橋本 好史 就職
超伝導の引力型ハバード模型 三家本 久 進学
高温超伝導の t-J 模型 寺島 克敏 就職

Back